+ HOME + MENU  +ABOUT + MAIL +  


desserts sweets



もちもち
さっぱり
コテコテ
さくさく
ツルン

タイのお菓子、色々なバリエーションがある。

あったかいのもあるし、
冷たいのもある。

そういえば、日本のタイ料理屋さんで「タピオカ・ココナッツ」が定番なのは、どうしてじゃろ?


ということで、タイ・スイーツを一挙公開。

* HP工作人、スイーツ自体に興味がないので、コメントに気合が入らないのは、ご了承の程、お願い申し上げます。



アイスクリーム・ガティ・ソット/アイスクリーム・ボーラーン
        (ココナッツ・アイスクリーム)



 道端でよく売られている。
 オネーチャンもオッサンも
 お昼休みに嬉々として食っている。

 黄色いのはカヌン(ジャックフルーツ)で
 緑のはロチョン(ういろうチックな練り物)。

 この上に、更に甘いもち米とかとうもろこしとか
 ピーナッツ、豆を煮たやつとかをトッピングしたり、

 ぱさぱさのコッペパンに挟んで
 コンデンスミルクをかけたやつをほうばったりする。


 老いも若きもファン多し。


  買って食べるとローカル気分アップ度 

  材料、作り方が「目からウロコ」度 

  作る時はアイスクリームメーカー必須度 



ウン・ガティ(ココナッツミルクのゼリー菓子)



 確か、スーパーとかでは、
 こんなに多色使いしないで、シンプルに白と緑くらいで
 もっと大きく作って切り分けたものが売られていた記憶が。
 
 ゼラチンじゃなくてアガーで固めるので 妙に弾力がある。

 しかし、ウチで作ると
 見た目のカワイサとココナッツミルクというだけで
 一部女子のハートをわしづかみにする。


  万人受け度 

  食べてみて「ふーん」で終わる度 

  作る時に妙に焦る度 



カオトムマット(もち米とバナナのバナナの葉っぱ包み蒸)



 レストランのデザートには出てこないけれど
 道端で売られているのを時々見かける。

 蒸されたバナナは薄紫に変色して
 もち米と同化している。

 そんなに甘いもんじゃない。


  異国のスイーツのくせに、ちょっと懐かしい度 

  自分で作ったら大層面倒臭い度 

  1つ食ったら腹いっぱい度 
 


カオニャオ・マムアン(完熟マンゴーの甘いもち米添え)



 デザートとして人気。
 「食事して腹いっぱいなのに、よくも入るな」と思うくらい
 日本人も大好き。

 カオニャオ(もち米)は甘く味付けしてある。
 んでもって
 その上に散らした緑豆のカリカリは必須アイテムである。

 マンゴーの他にドリアンを添えるヤツもある。


  意外にも男受けもする度 

  重たいくせに、「別腹」が出現する度 

  レストランのメニューで見かける度 
                   (但し、季節モノの場合多し)
 


カオマオミー(タイ風ライススナック)



 昔のスナックです。
 干しエビとか固い豆腐(!)や
 シャロット、ニンニクなんぞが入って
 それなりには健康によさげなのだが

 タイ人にいわせれば
 「年寄りが好む」と。
 じゃ、今のタイの子供は何を好んで食うのだ?と聞けば
 「マックのポテトとかKFCとか」という答え。

 嘆かわしいのう・・・・・。


  でも、敢てこれを自作したいか度 

  出されたら美味しく食べたい度 

  が!食いすぎると胸焼けするであろう度 
 


カノム・クリープ・ランドゥアン(お花の形のタイ・クッキー)



 ランドゥアンと言う名の花の形を模したという焼き菓子。
 比較的新しいお菓子だと思う。
 口の中に入れるとシュワっととける。

 これを習った時、
 余りに小さく作らされた上に、余りに大量に作らねばならず
 タイ人講師に「とっととやらなきゃ日が暮れちゃうわよぉ」と
 半泣き状態で作り上げた思い出あり。


  婦女子受け度 

  買うと、妙に粉っぽいものに当たる度 

  持ち運びすると結構モロイ度 


カノム・サーリー (蒸ケーキ)



 何でもスパンブリー県の名物らしい。

 ハンドミキサーでグワグワ混ぜたり、
 怪しげなふくらし粉を入れたりしていたから
 それほど古くからあるもんじゃないだろう。

 売られているのは、スーパーについているパン屋さんで
 ピンクに着色して鎮座している。
 売れるのか?


  わざわざタイくんだりまで来て食べるべき度 
            (日本の蒸しパンの方がよっぽどうまい)

  食べてみて「ふーん」で終わる度 

  イマイチ腹に溜まらない度 
 


カノム・ソッサイ
 (ココナッツ団子・ふんわりココナッツミルクがけ)


 
 中のあんは、ココナッツフレーク。しゃくしゃくした食感。
 これを白玉で包んで茹でて、
 更にココナッツフレークをまぶしたのが、カノム・トム。

 このお菓子はもう1段階あって、
 ふるふるにしたココナッツミルクをかける。

 写真のは、団子がわかりやすいように乗せているだけだが
 道端で売られているのは
 三角錐形にバナナの葉っぱで包んで更に蒸してある。


  女の子受け度 

  一人で作ると切ない度 

  出来上がったら妙に達成感を感じる度 


カノム・チャン(ココナッツミルクのういろう)



 この写真は
 幾らなんでも気合が入りすぎです。

 「チャン」というのは「層」とかいう意味で
 (何階の「階」とかも、そういう意味で使いますね)
 昔は、「年を重ねる」と掛け合わせて
 いわば、お誕生日ケーキみたいな感じで食していたらしい。

 その辺では、ただ、2色くらいで層になっていて
 四角く切って売られていたりする。

 これを作るのは、めーちゃーくーちゃー大変です。
 時間もかかれば失敗する危険性も随所に潜んでいる。


  わざわざ「食べてみたい!」と思う度 

  食べてみて「ふーん」で終わる度 

  もう一生作らなくてもいいと思った度 
  


カノム・トーン・イップ(鶏卵のシロップ煮)



 この、「鶏卵シリーズ」はポルトガル料理か元なのだそうだ。
 
 しかし、これ。
 作りながら「ぐはー!あっまー!!」と、
 甘いのが苦手なアタクシは頭痛がしたもんである。

 ガムシロップを大鍋いっぱいに沸かして、
 卵黄他材料を溶いたやつを、そぉっと浮かして、
 火が通ってたっぷり砂糖水がしみこんだのを見計らって
 お花の形に絞る。

 出来立ては、へー、なるほどという味ではあるが
 道端で売っていたりするのは、水分が抜けて余計に甘い。


  クレット島で出来立てを食べるべし度 

  1〜2個食べれば満足度 

  作っても食べてくれる人がいなさそう度 
  


カノム・トーン・エック(卵黄とココナッツミルクの錬り菓子)



 お祝い菓子です。
 てっぺんにチリっと金箔なんぞを貼り付けちゃったりして。

 煮詰めて煮詰めて・錬って錬って錬りまくり、
 型にに詰めて抜いてから、金箔を貼る。

 意外にシットリした口当たり。


  もう一生作らなくてもいいと思った度 

  見た目程感動的な味じゃない度 

  1〜2つ食えばもういいやと思う度 


カノム・トーンムアン(ココナッツミルクの薄焼きせんべい)



 この菓子を作ったり食べたりすると、
 どうにもはかない気分になってしまう。

 なぜなら。

 折角カワイイ模様なのに、まきまきしたら見えなくなる。

 アチチーにも負けずに頑張って形を作っても
 食べるとはかなく消えてしまう。
 
 おまけに
 これを売っているおじさんが、
 怖いほどにはかなげな人ばっかりなのだ。
 哀愁全開モードで、このはかないお菓子を
 背中いっぱいに背負っているのである。

 嗚呼、はかない・・・・・。


  万人受け度 

  もう一生作らなくてもいいと思った度 

  持って買えるのに苦労しそう度  
           (固いケースに入っていればいいのだが)


 


カノム・ドークアンチャン(花の形のういろう菓子)



 うーん、見かけないな、その辺では?
 (ある所を知っている方、是非ご一報下さい)
 
 アンチャンという紫のお花を模したという。
 かなりチマチマっと色々細工します。
 真ん中におしべになるものを詰める為に、中まで蒸さない。
 ちなみに、この中身は「カイ・メンダー(カブトガニの卵)」
 といわれてます。

  一人で作ったら切なくなる度 

  時間がかかりすぎてムカツク度 

  「よくもこんな作り方をするもんだ」度 


(写真紛失・・・・)
カノム・ドークチョーク (お花の形の揚げせんべい)



 ブーケみたいにフワリとした姿。
 ぱりりと小気味良い歯ごたえ。
 ゴマとココナッツミルクのふうわりした香り。

 でも、揚げ物ゆえに、いっぱい食えない。


  婦女子受け度 

  作って楽しい度  

  でも、時間がかかってムカツク度




カノム・バービン(ココナッツ・ケーキ)



 すいません、これはHP工作人による
 「ちょいとオシャレ・アレンジ版」です。

 本当は、もっとベタに
 四角く切って、上に溶き卵なんぞを塗って焼いたりして
 「これ、ケーキ?」みたいなもんでして・・・・。

 ケーキといってもふくらまない。焼きっぱなし。
 恐らく、西洋のケーキをまねてみたつもりが、
 こんなシロモノになって今に至るという感じなのだろう。

 でも、時々食べたくなる。


  婦女子受け度 

  どっしりお腹に溜まる度 

  レストランのメニューで見かける度 




カノム・ピア(緑豆あんのパイ皮包み焼)



 有名店で買うのもいいけど
 (確か、バンコクなら鋼鉄サムセン駅近くにあったな)
 手作りのはやっぱりウマイと思った。

 ただ、恐ろしい量が出来るので、
 習った時、かすかに後悔した。

 なんでも、泰国における正月お菓子らしく
 いっぱい作って親戚とかに配るのだと
 チャイニーズ・タイの講師の女の子が言っていた。


  一人で作ったら泣ける度 

  出来上がりの達成感が感じられる度 

 でも、手作りは日持ちしない・・・・・・


カノム・ピン(タイ風ぼうろ)



 口に入れるとホロリと溶ける。うん、まさにぼうろです。
 真っ白に焼き上げるのが美しい仕上がりという。

 比較的新し目のお菓子とみた。
 スーパーの「タイ菓子コーナー」でも売っている。


  お土産に配って無難度  

  ビミョーに当たり外れがある度 

  一人で作ると切ない度 
  


カノム・モーケン(ココナッツミルク焼プリン)

        

 写真のは、プレーンタイプの「モーケン・カイ」。

 プリンといえども、
 混ぜ物によって味はもちろん、口当たりも違ってくる。

 一番ポピュラーなのは、タロイモを潰して混ぜるやつ。
 緑豆を蒸して潰したものを混ぜるのもある。
 なので、プリンというよりは、もっとドッシリしたシロモノである。
 もちろんプレーンもあるけれど。
 
 バンコクでは、夜、自転車の荷台にショーケースを積んで
 パフパフ走るお菓子やさんに、必ずこのお菓子がある。
 が、こういう所のはまずゲロアマである。
 「目覚めの糖分摂取」と言って朝飯にくれを食っていた人、
 そういえばいたなー。


  婦女子受け度 

  「夜のチャリ菓子屋」で買う幸福度 

  買った奴は冷したほうがいいと思う度 
                          (とにかく甘いから)


*自分で甘さを調整して作れば、ちゃんとウマイです。



 


カノム・メット・カヌン(タロイモあんと卵黄のシロップ煮)



 ジャックフルーツの種を模したというオカシ。

 何でも、インドネシア辺りでは
 ジャックフルーツやらドリアンやらの種を焼いて
 ほくほく食べるらしいが

 他のものを使ってわざわざその形を再現するところが
 何ともタイらしい。


  「夜のチャリ菓子屋」で見かける度 

  自分でまた作りたいと思う度 ×

  でも、ジャックフルールの種は一度焼いてみたい。


クルアイ・ケーク/クルアイトート(バナナのフリッター)



 申し訳ございませんが。
 管理人、実はバナナが食えません。

 タロイモとかを揚げる場合もある。これは食える。

ココナッツフレーク入りの衣で揚げるから
外はサクサク、中はトロトロ(と想像)。


  万人受け度 

  揚げたてを頂くべき度 

  少し食べればいいやと思う度 


クルアイ・ブアッチー (バナナのココナッツミルク煮)



 申し訳ございませんが。
 管理人、実はバナナが食えません。

 タロイモとか煮る場合jある。これは食える。


 昔からあるタイ・スイーツ。


  レストランのメニューで見かける度 
 
  それなりにハマル度 

  その後、「また食いたいっ!と禁断症状が出る度 
    


マンケーウ・ブワッチー(さつまいものココナッツミルク煮)


 日本で作りやすい、サツマイモバージョン。
 この場合も、ゴマは合いますな。


サリム(緑豆粉で作ったタイ風ところてん)



 そのものは、喉越しを楽しむ程度か?
 ド派手な色合いのお菓子類が氾濫する中
 その佇まいすら地味である。

 そのくせ、スーパーの粉売り場には
 必ず「サリム・パウダー」というのもが売られているんだから
 ますますもって摩訶不思議な存在である。

 真鍮製の専用「ところてん突き」で
 その粉を火にかけて練ったものを流しいれて、
 流水にウニョォォーっと押し出す。
 トロトロやっていると、ところてん突きの中で固まるし、
 地味なくせに大層手間のかかる奴だ。

 意外にも、ラマ2世が好んで食されていたと、
 文献に残っているらしい、実は由緒正しきスイーツである。


  レストランにあったとして、頼んで無難度 

  何度でも食いたいと思う度 

  もう一生作らなくてもいいと思った度 


 


サクー・キャンタループ
  (カンタループメロンとタピオカのココナッツミルクがけ)



 美味しいのに、なかなか道端やレストランで見かけない。
 日本のタイ・レスも
 ただのタピオカ・ココナッツじゃなくて、
 これを出せばいいのにと覆う。

 メロンをまぁるくくりぬくので、
 余った果肉とココナッツミルクをミキサーにかけて
 シェイクだって作れてしまう。(写真左)

 ココナッツミルクとメロンは、意外に相性が良いのである。


   女子受け度 

  知名度 

  タピオカ茹でるの面倒度 


 


サンカヤー・ファクトーン(かぼちゃのココナッツミルクプリン)



 「す」はは入りますが、何か?

 かぼちゃの中に生地を流しいれるんだから
 もう、ガンガンに蒸します。
 でも、意外にも「す」は、ばしばしに入る訳じゃない。

 切って出すと喜ばれるが、蒸し時間を少し間違えると
 途端にハバクリと割れやがる、厄介な奴である。

 小さいかぼちゃで作ったら、こりゃまたかわいい。

 なお、かぼちゃに入れずに普通に蒸すと、
 ただの「サンカヤー」。
 でっかいボウルに作って、スプーンで削いで、
 甘いもち米に添えると、「カオニャオ・サンカヤー」。
 道端でおばちゃんが売っています。


  女子受け度 

  1切れ食べたら満足度 

  割れたらムカツク度 


サンカヤー・シンガポール(ココナッツミルク・カスタード)



 モトネタは
 マレーシア、シンガポールにある「カヤジャム」と踏んでいる。

 夕方以降にこれの屋台が出てきて、
 パサパサのコッペパンをコロコロに切ったやつと出している。
 しかも、オニョレな事に
 必ずそういう屋台では
 ベタベタにスウィートなタイ人ワイルン(若者)カップルが
 こいつをを仲睦まじく突いているのである。

 これが有名なお店は
 カオサン近く、タノン・ディンソー(えんぴつ通り)の老舗、
 「モン・ノムソット」という牛乳とトーストを出すお店。
 サイアムにも支店があったな、確か。


  女子受け度 

  でも、色とかが怖くて道端で手が出せない度 

  わざわざ「モン・ノムソット」に行くべき度 
       (タイ人ワイルン観察には絶好の店ではある。)


 


タコー(2層になったココナッツミルクのういろう)



 上はフルルンとしたココナッツミルク。
 下の層はツルリンとしたういろうみたいな口当たりに
 クワイやらタロイモ、とうもろこしやらの
 ツブツブが混じっている。

 時々、天秤棒おじさんが売り歩いているが、
 最初から白い箱に入っている事が多いせいか
 それとも、やはり「埃まで一緒に食いそう・・・」と思うせいか
 イマイチ存在感が薄い気がする。


  万人受け度 

  チマチマ作り好きが燃える度 

  でも、作る時に妙に焦る度 
                    (スピード命!)




タプティム・クロープ(くわいのココナッツミルクシロップがけ)



 「タプティム」とは、ざくろという意味の他に
 ルビーという意味もある。

 しかるに、このデザートは「かりかりルビー」とでも訳すか。

 ぶっかけデザート屋台では
 他の色々な甘いものと一緒に
 コイツが金魚鉢みたいなのに入っていて
 「これとこれとコレを入れてー」と言えば
 器に放り込んでクラッシュアイスとココナッツミルクをかけて
 はいよと出してくれる。

 クワイのカリカリと外側のニムニムのコントラストがいい。


 万人受け度 

 レストランのメニューで見かける度 

 「きゃー!おいしそー!!」とオーダーする度 
                  (意外に存在感が薄いらしい。)




ナーンレット(タイ風ポン菓子せんべい)



 北部のお菓子。
 パームシュガーのカラメルがかかっているんで
 その辺がタイチック?


 万人受け度 

 作るのがメンドー度 

 買った方が無難度 


 


ブアローイ・サームシー
(3色白玉・温かいココナッツミルクがけ)



 つぶつぶっと色つきの白玉がボロボロ入った上に、
 ココナッツミルクをあったかくして頂くという概念が
 日本人には薄いらしいので
 珍しオイシイと言われる事が多い。

 が、通常、タイではこのデザートには
 卵がつきものなのである。


  女子受け度 

  日本でも作りやすい度 

  でも、卵を入れた途端に一気に引かれる。


 


フォイトーン(タイ風鶏卵そうめん)



 味も材料も、カノム・トーンイップとおんなじ。

 しかし、こっちの方がもっと手ごわいと思う。

 ひも状にヒュルヒュル生地を落とし込んでいくもんだから
 その分ガムシロップの含有率が上がるのではないか?

 その辺の道端とかで買うと
 いい加減に水分が抜けているから
 かぴかぴになって卵臭くて
 頭痛がしそうに甘いケースがほとんどらしい。


  婦女子受け度 

  1つ食べたら「もういいわ」と納得する度 

  もう一生作らなくてもいいと思った度 
           (体験的に作るのは楽しいが、絶対食えん)


  


ルークチュップ(果物の形の緑豆あんの練り菓子)



 思いっきり、宮廷菓子。
 または
 お供え的要素も含まれているらしい。

 みりゃー解ると思うけど
 恐ろしく作るのは大変です。

 その割には、時々その辺で
 数種類がプラスチック・ケースに入って
 1箱20Bで売られていたりするところ、
 タイの「人件費無視」的傾向が見てとれる。


  婦女子受け度 (形がカワイイという点で)

  何度でも食いたいと思う度 

  もう一生作らなくてもいいと思った度 


 



+ HOME + MENU  +ABOUT + MAIL +  


(c)SALA ISARA, All rights reserved