プロフィール

 About SALA ISARA

SALA ISARA の生い立ち。 いままでやってきたこと。 それから、 今、これからのこと。

このHPを作っている人、料理を教える人である、サクライ チエリ の事。

神奈川県生まれ。
台湾からの元帰国子女。
小学校に上がる前あたりから母親に連れられてローカル市場などに出没していたお陰か、
アジア諸国のローカル市場に全く抵抗なし。っていうか、逆に大好き。

1993年、父親の赴任先であるバンコクを予備知識もなく一人で訪れ、
唯一のガイドブック代わりの英語のバスマップを頼りにバンコク市内をうろつき、
屋台で食べたガイヤーン(鶏のあぶりやき)とバミーナム(タイ風ラーメン)の味に感動する。
(後に、父からは「腹でも下して検疫にひっかかったらどうするんだっ」と、こっぴどく叱られたけど・・・・)

幸いにも、何処に行ってもお腹にダメージが起きない強靭な胃袋を持ったのを良い事に、
1年に一度くらいのペースで、タイを中心に東南アジアをほっつき歩き、

ローカルフードを食べ歩くようになる。

その後、1999年より、単身、タイ、バンコクで暮らす。

本当は習いに行くはずであったタイ王室付料理研究家のWandee Na Sonkhla先生の学校で
いつの間にか日本人向けコーディネートを手がけるようになり、
何時の間にか、ほとんど準スタッフ、非常勤講師扱いとなる。
日本語翻訳レシピは200種類以上。

2003年より更に自由な提案をすべく、

バンコクの自宅にてプライベートサロン「TO-SALA Thai cooking」を主催する。

その傍ら、タイ在住日本人向け情報誌、「DACO」のレストラン紹介コーナーを担当させて頂いたり、
その他のアルバイトで諸外国に飛ばされまくっては、その土地の美味しいものを探してみたり、
その貯まったマイレージを消化すべく、興味の赴くままに諸国を渡り歩いては各国の料理教室、個人教室にお邪魔して、日本、タイとの食文化の違いやハーブ使いの違いを学ぶ。

そうやって
思う存分バンコク生活を謳歌していたのが

結婚の為、2007年、日本帰国。
横浜市の隅っこに生息中。

現在、 横浜市鶴見区・ボーダー・オブ・港北区にて  「SALA ISARA Thai cooking Lesson」を主宰。
気軽にキチンと「本場以上!」と絶賛されるタイ料理が作れるような、アットホームなお教室を運営。

その他、

横浜市鶴見区の「駒岡 丘の上こども食堂」のボランティアとして

調理の他にも メニューを提案、レシピを提供、地元の学校で講演を行ったり、

梶山モンテッソーリスクール、延長保育の先生として、

おやつ作りワークショップを担当するなど、

大人が好きなタイ料理だけでなく、子どもの食育事業んも、積極的に関わっています。

 

タイ関連、お料理関連、現在お仕事募集中です。
お気軽にメール下さいね。

メディア掲載など 活動実績は こちらから >
生徒さんの声は こちらから >